レ−シック

安心LASIKネットワーク代表として

銀座眼科元院長が逮捕された件に関して

昨年、レーシック後に集団感染を起こした銀座眼科の溝口朝雄元院長が、業務上過失傷害容疑で逮捕されました。

この集団感染は、手術器具の滅菌処理が施されていないなどの医師としての基本的な衛生管理を怠ったのが原因で起きたもので、通常では考えられない事象です。レーシックという医療の安全性をも否定するような報道なども一部で見られますが、レーシックという技術は既に欧米で20年、日本でも13年に及ぶ歴史と実績のある確立された医療技術であり、エビデンスも備わった治療法です。

このようなことが起こり、大変残念に思います。どんな素晴らしい科学技術も、最終的にそれを取り扱うのは人です。

クリニック選びについては、下記ページを参考にされてください。

★「安心の条件」
http://www.safety-lasik.net/conditions_of_relief.html
★「そのレーシック、本当に大丈夫? 10のチェックテスト」
http://www.safety-lasik.net/checking.html

一覧に戻る